- garden of silence -
森の中にある大きなもの

じぶんのちいささをしる

とてもたいせつなこと

日々のこと - -
郡上八幡音楽祭

郡上八幡音楽祭に、今年も参加させて頂きます。
数多く灯してきましたが、郡上八幡音楽祭はぼくにとっても特別な音楽祭です。

毎年の事ながら、友人であり、主催の井上博斗くんの熱意は凄まじいものがあります。

彼はこの音楽祭のためにマリまで足を運んで、出演者にオファーをしてきたんですから。

今年のステージは野外です。郡上八幡の高台にある愛宕公園が会場です。

そこにマリの現代美術家であり、ドゴン族をルーツに持つアブドゥー・ウォログァムさんの特設ステージが組まれます。

ステージ制作のため、アブドゥーさんもマリからやってきます。八幡在住のパーカッショニスト、土取利行さんと特別ゲストの松田美緒さんを軸に、マリから素晴らしいアーティストが集います。郡上八幡の地(血)とマリの地(血)が邂逅するこの日は、きっと魂を揺さぶる日になるでしょう!

 

以下詳細

 

今年もやります!郡上八幡音楽祭2017.9.17!!!!
『West African Groove マリの歌と弦楽の響演』@愛宕公園野外舞台 まで50日を切りました!
公式ウェブサイトにて絶賛予約受付中!
https://gujomusicfes.wixsite.com/gujomusicfes2017

※チケット取り扱いは、以下になります!
【八幡】郡上八幡旧庁舎記念館、糸カフェ、エバナタウ、カフェにど、喫茶門、み.きままマルシェ
【大和】古今伝授の里フィールドミュージアム、
【白鳥】オーガニックカフェ嘉利、渡辺美容院、kedi cafe 
【明宝】明宝観光協会(道の駅)
【美並】日本まん真ん中センター
【岐阜市】三楽
【高山】ピースランド

夜の静寂に響く美しい音色の弦楽器たち、マリ音楽の瑞々しいグルーヴにどっぷり身をひたしてほしい!
どなた様もぜひ郡上八幡に、そして(絶対に晴れさせます!)愛宕公園にお越し下さい!

【日時】2017年9月17日(日)
◉出店エリア15時〜 
◉コンサートエリア16時〜 
◉コンサート開始18時〜
※終演予定20時半

【会場】愛宕公園(会場入口:郡上市総合文化センター駐車場より)
※雨天時 郡上市総合文化センター

【チケット料金】一般前売 5500円 市民割引 5000円 大学生 3000円 小中高校2000円 未就学児無料

【予約】080-4520-1276
【問合】080-1994-4647

【主催】郡上八幡音楽祭実行委員会
【企画】立光学舎

ステージ演出 - -
夏の蝋燭

多治見のmekuriさんと、蒲郡のRUSTIC HOUSEさんに、夏の蝋燭をお届けしました。

最近はイベントやワークショップが続いていたので、通常のお届けができたのが本当に久しぶりです。涼しげな蝋燭ができました。手に取って見て頂けたらとても嬉しいです。

 

mekuri http://mekuri.rustichouse.jp/
RUSTIC HOUSE http://rustichouse.jp/

日々のこと - -
迎帆楼

犬山の木曽川沿いにある、大正八年創業の老舗旅館の迎帆楼さんで蝋燭を扱って頂く事になりました。

宿泊のお客様に向けての灯りになります。

お宿だからこそできる丁寧なおもてなしに寄り添うような、

灯りのある暖かい時間をお届けできればと思っています。

 

灯屋 迎帆楼 https://www.geihanro.co.jp/

日々のこと - -
青の時間 ワークショップ

京都の南山城村にあるARABONでワークショップを開きます。
京都のはずれにあるARABONは、足を運んで頂くには少し不便な場所にあります。

だけど、ここでしか流れていない時間があります。

ここに訪れた瞬間に、心地いい場所だということにすぐに気が付きます。

夜は街灯もまばらなこのばしょで気が付くのは、ひぐらしの声、澄んだ空気の色。
そんなところで蝋燭をつくるってどんな事だろう。
そもそも蝋燭ってどうやって使うんだろう。
無くなるものを作るってどんな感覚だろう。
想いを巡らせ、一本の蝋燭を作ってください。

 

テーマは「灯すずし」
それぞれのイメージをかたちにしてください。

 

日時 8月19日・20日・21日
時間 13:30から15:30くらいまで
定員 各日6名
料金 4800円
持物 エプロン
仕上がった蝋燭のお渡しは翌日以降
郵送も可能です

ご予約はARABONまで。
電話 080-1566-8822
mail shimizunobara@gmail.com

そして、ARABONでは山籠もりの会も開催します。
灯りをつくるだけではなく、それを使ってみることで、蝋燭の存在の意味が見えてきます。ささやかな夏休みの気持ちで参加して下さってもいいと思います。どうぞ骨休めにきてください。

山籠もりの会 https://www.facebook.com/events/1565966843476381/?fref=ts

ワークショップ - -
山籠もりの会

8月19.20.21日の三日間、京都の南山城村ARABONにて、山籠もりの会に参加します。

僕は各日にち、13:30からワークショップを開きます。

各日定員6名、参加費4800円にて、それぞれ一本の蝋燭を作ります。

ワークショップの後には堀口一子さんが中国茶をいれてくださいます。

ご予約はアラボン080-1566-8822 shimizunobara@gmail.comまでお願い致します。

20.21日には、内田輝くんのワークショップや、朝6:40分からの演奏会など、

南山城村のすがすがしい空気に触れる三日間になりそうです。


夜明け前と夕暮れ時
そこから始まる青の時間
茶畑から朝陽を頂きます
.
クラヴィーコード / 内田輝
作灯 / 河合悠 
中国茶 / 堀口一子 
陶磁器 / 清水義行 
ヨガ瞑想 / 凪の木 岩水ゆきゑ
主催 / ゆがふ , arabon
※単発参加も可能です。詳細は追ってお知らせいたします。

https://www.facebook.com/events/1565966843476381/?active_tab=about

エキシビション - -
二つの肖像

8月25.26日の二日にわたって、東京青山のギャラリーDEE'S HALLで開催される、

青柳拓次さんとmama!milkさんの舞台を演出します。

 

2017年8月25日(金)・26日(土)
HADEN BOOKS : presents
青柳拓次 x mama!milk コンサート
「 二つの肖像 」
―――――――――――――――――――――
青柳拓次とmama!milk。

親密さが導く予感の時代
世界を廻る淵源の土地や混沌の都市に潜む
普遍的な情感や風景に響く旋律を紡ぎ続け、
遠い旅を経て今、共振し合う二つの肖像。

多岐に及ぶそれぞれの音楽活動の中から芯となる楽曲を抽出した、
純度の高いプログラムでお贈りするコンサートをお楽しみください。
―――――――――――――――――――――

夜 公演
 2017年 8月25日(金)開場 18:30 / 開演 19:30 / 終演 22:00予定

昼 公演
 2017年 8月26日(土)開場 14:30 / 開演 15:30 / 終演 18:00予定

会 場
 DEE’S HALL(ディーズ ホール)
 東京都港区南青山 3-14-11(表参道駅)http://www.dees-hall.com/

出 演
□ 青柳拓次:歌、ギター、etc
 http://www.takujiaoyagi.com/

□ mama!milk
生駒祐子:アコーディオン
清水恒輔:コントラバス 
 http://www.mamamilk.net/

空間演出[ 作灯 ]
□ Yu Kawai  http://yukawai.jugem.jp/

料 金: 4,000円 + 1 drink order
[ 要予約 ]全椅子席でのご案内となります。お席に限りがございますので、お早めのご予約をお薦めいたします。
 両日ご参加の場合は 7,000円[1000円ディスカウント]にて承ります。

ご予約・問い合わせ
□ HADEN BOOKS : 店頭、またはお電話でお申し込みください。
 Tel : 03-6418-5410(11:00〜20:00|月曜定休)

□ E-mailによるご予約・お問い合せ [ info@hadenbooks.com ] 
 必要事項を明記の上、お申し込みください。
 1.件名 : 二つの肖像 ライブ予約
 2.ご希望の公演日、ご予約人数
 3.お名前(代表者のフルネームをカタカナを添えて)
 4.お電話番号
 *ご予約申し込みメール受信後、数日以内に受付確認のメールをお送り致します。

主 催
音と言葉 “ヘイデンブックス”
HADEN BOOKS:by Green Land http://www.hadenbooks.com/

協 力
 DEE’S HALL
 栄徳篤(那覇 cafe cello 店主) 

詳 細

https://www.facebook.com/events/482944972097943/?fref=ts

ステージ演出 - -
十九の折り鶴

友達の、牧美穂ちゃんが素敵なプロジェクトに参加しています。声と、言葉を使う人です。

そして、僕や彼ら、彼女らの声を代弁する人だと思います。

日々のこと - -
ろうそくとはなたち

ミナペルホネン京都店に、蝋燭と花たちというテーマの秋冬コレクションのためのディスプレイとして、蝋燭を納めました。
お店に行った時には、のぞいてみて下さい。

日々のこと - -
鎌倉での出来事

鎌倉では描いてもらった。
思っている事を、求めている事を、できるだけそのままに。それを蝋燭にする、ということをしてもらった。
思いもよらないものになった。みんな、手を色だらけにしてくれた。
参加してくれた中には、77歳のおばあちゃんから、小学校3年生のおんなのこ。

自分のやっていることが少しでも、何かになったらいいな。

ワークショップ - -
<< | 2/9 | >>